ハーレーを売却するなら高値が期待できる専門店

 
ハーレーは楽しい

中古車としても人気のハーレーは、市場でも大人気のメーカーです。高年式・低走行なら、予想より高値での売却を期待できます。しかし市場での人気が高いからといって、絶対に高く売れることに繋がりません。

ハーレーを売却するときには注意したいポイントが1つあるので、必ず守るようにしましょう。

必ず守りたい注意点は、相見積もりをしてから買取店を決めることです。相見積もりをして提示された価格を比較せずに決めると、ハーレーを安く買い叩かれることがあります。高値で売却するためには査定の比較は必須なので、面倒でも必ずしましょう。

売却する方法は、大手のバイク買取専門店・ハーレーの専門店・そして正規代理店の下取りになります。現在の愛車を手放して新車の購入を考えている場合は、正規代理店の下取りを利用しがちです。しかし下取りは専門店の買取に比べると価格が低くなりがちで、高値で手放すことができません。新車が値引きされても損をする可能性が高く、下取り料を取られることがあります。

バイク買取やハーレーの専門店は、全国の業者が参加できるオークションにて売却するのが基本です。そのため現在の相場をリアルタイムに反映しやすく、買取価格は高くなる傾向にあります。また一部の買取店は海外へ販売するルートを持っているので、さらに高値を期待できます。

ハーレーを手放すときに高値を期待するなら、オークションや海外に再販売のルートを持つ専門店の買取を選びましょう。

ヘルメット

ハーレーの故障車でも売却可能

 
キャップカスタム

故障で乗れなくなってしまったハーレーでは、中古バイクとしての価値がないと感じてしまうかもしれません。しかし故障者でも売却ができることを知っておいた方が良いでしょう。問題なく売ることが可能であり、しかも元々の価値の高いハーレーは高額で売れる可能性があります。

売却可能な理由はいくつかあり、まず修理をして売れるからです。故障といっても直しようのあるコンディションの場合もありますので、価値がまだあると判断されれば買取をしてもらうことができます。それに買取業者ですと安価に直せまるために価値を見出してもらいやすいのです。

パーツ取りといった用途で売れることもあります。ハーレーは知っての通りカスタムの自由度が高いバイクですが、それにゆえにカスタマイズをして楽しむオーナーが多いです。ただ新品パーツですと値段が高いことも多く手を出しにくいと感じられることが少なくありません。そこで需要が多いのが中古パーツであり、そうしたマーケットに流すことを目的に本体をばらして売りに出されるのです。

他にも海外輸出を目的で買取をされるケースもあるでしょう。日本では需要がなくとも海外では欲しがられることもあります。ハーレーは世界的に人気のバイクですので国内外で多くのニーズがあるのです。

様々な理由で売れる故障車ですが、ただ注意したいのが対応している買取業者を利用しなければいけないことです。例えばディーラーでは売れない可能性が高いため、故障者を専門に扱う買取業者に相談をするのがおすすめと言えます。

売却可能

ハーレー 旧車を売る場合の注意

 
立ち並ぶハーレー

ハーレーは新型車も人気が高くなかなか手に入りにくいオートバイですが、これにも増して人気が高いのが旧車と呼ばれる過去に生産され現在では生産されていないタイプです。旧車ならではの重厚さと独特の雰囲気を持っており、自分でメンテナンスを行ったり改造したりしながら大切に乗っていると言う人が少なくありません。

ハーレーの魅力はそのブランドの知名度にもありますが、古くから良質のオートバイを生産していると言う点にあります。しかもこれらのオートバイは長い年月が経ってもその基本的なコンセプトを変えることなく現在の新型にも継承されているため、古臭さを感じさせないと言う点がポイントとなっているのです。

そのためハーレーの旧車は中古車市場でも非常に人気が高く、特にオリジナルの状態を保っているものについては新車の価格よりも高い子がつくことが少なくありません。ほとんどの人が様々なパーツを交換して自分の好みのものにしているため、そのベース車となる状態で大切に乗られているものはプレミアムの価値が高く、売る際にも高値の査定が出ることが多いのです。

ただし改造を施していた場合であっても、タンクやマフラーの交換など基本的な走行性能に影響がない場合には比較的高値となることが少なくありません。特に初期のナックルヘッドと呼ばれるエンジンのタイプは非常に希少価値が高く、改造車であっても高値で取引されているのが現状で、マニアの間では垂涎のモデルとなっているため売る際には査定価格を比較してから行うことが大切です。